看護師つらいこと

看護師つらいこと多いけど素敵な仕事。

看護師つらいこと
看護師 辛くてもう限界、怒りや失望など、嫌な気持ちしかないとしても
自分が嫌な人間だとか、自分を責める必要なんてない…。
そこがあなたに合わなかっただけ…。

 

看護師の仕事が辛くなってしてしまい、今までの自分を責め、看護師にならなければよかったと後悔したりしていないでしょうか。もう一度人生を一からやり直したいと思い、ほかの職種の転職活動について考えたとき、一から教育をしっかりしてくれる職場を探そうと思うけれどなかなか見つからず、看護師以外の職場を選ぶことは難しいのかもと考え始めていませんか?しかし、最近は今の現場にどうしても馴染めない看護師さん、退職後、技術的に不安のある看護師さん、育児のため一度は退職したのち、またほかの現場で復帰したいと思う、何年もブランクのある、また潜在看護師さんなどの再就職について、プリセプターをつけて、しっかり指導してくれる病院も年々増えているようです。

 

クリニカルラダーで教育、3年で一人前になると世間では言われていますが、それと同時にほかの医療機関に映る人もかなりいるというのが現実です。ですから、時期を問わず、あなたと同じように今の職場に限界を感じ、さらに人間関係にいかりや失望した方、それぞれ様々な理由で看護師は私には向いてないと思っている看護師さんは大勢いると思いますので、そこはあまり気に病む必要はありません。
仮に今の現場を退職した場合の第一歩として、看護師としてもう一度、医療機関見学や看護師とは関係のない職種に興味がある場合は、電話で直接問い合わせをする際に、今までの味わってきた事、そこで気になる不安点など、よく採用側に相談してみるといいと思います。現在の職場の嫌な部分を引きずりながら嫌な気持ちで毎日を過ごすよりも、これから看護師の仕事も含め、どんな未来を思い描くかということが一番大切ですし、どんな職種に行くにしても、面接などで聞かれる可能性は高いと思います。どこの面接に出向いたとしても、何より前向きな受け答えを心がけさえすれば、今後はそんなに心配することは何もないと思います。
今現在の環境、そこがあなたに合っていなかっただけのことです。あなた以外にも、そんな人はたくさんいます。もし占い的に分析したなら、あなたの運気を下げる力のある環境なのかもしれませんよね。もっと働きやすい職場を探してみればいいんですよ。

 

看護師のの仕事は辛いこと、しんどい事が多いのも事実ですがそれ以上にやりがいがある素敵な仕事だと思える瞬間もありますよね。患者さんに「ありがとうあなたのおかげ。」などと褒められたりすると、本当に幸せな気持ちになりますよね。。看護師をいったん辞めてしまった方も、この喜びが忘れられなくてまた復職する人もかなりいるようです。根が優しいのでしょうね。

 

いろいろな患者さんがいますが、良い患者さんに出会えたときは本当に幸せですよね。何にも変えられないご褒美は自分への褒め言葉のように思います。日常はこのような綺麗な部分ではなく、本当にいろいろこともあり、また、いろんな人を憎んだりしてしまうことも度々あるかもしれませんが、看護師の仕事は憎めませんよね。辛いことが多いけれど、素敵な仕事だと本当はあなたも感じているのではないでしょうか。

 

現状が辛い、転職を考える看護師の方が必ずチェックすべきポイント3つ

看護師 辛い
辛すぎて転職を考えている。職場を転職することは人生の中でも大きなことですよね。転職後に後悔するようなことは絶対に嫌ですよね。看護師という素敵な仕事がのびのび出来るよう、事前チェックを入念に行い、あなたの大切な時間を無駄にしないようにしましょう。現状が辛く、転職を考える看護師の方が必ずチェックすべきポイントの3つをお伝えします。このポイントを押さえておけば、失敗することはないでしょう。