看護師 退職届

看護師 辞めたい 病院 退職届の持つ効力は自分にもある?

看護師 病院 辞めたい

 

 

看護師 辞めたい退職届に書いた事柄は自分でもびっくりするほど基本そのものでした。

 

「一身上の都合により退職します。  平成○年  ○月○日 名前」

 

看護師 辞めたいボールペンで便箋一枚に書き、
封筒に入れて上司に手渡した。

 

看護師 辞めたい手渡した時に思ったことは、正直に、
これで解放されるという想いと、やはりというかなぜかというか、
「やってしまった。」という想いでした。

 

看護師 辞めたい心の片隅に、なぜか罪悪感もあったのも確かです。

 

看護師 辞めたい嫌いな、最後まで慣れることのなかった人たちに対して、
申し訳ないという気持ちになぜなるのか、
私はどこまでお人好しなのかと自分で自分が分からなくなりました。

 

 

一瞬戻ることも考えた

 

 

 

看護師 辞めたい

 

 

看護師 辞めたい上司は私に、これは預かるけれど気持ちが変わったらそれで良いから戻ってきなさい。と言いました。

 

看護師 辞めたいしかし私は戻るつもりなど到底なく、その場を後にしました。

 

看護師 辞めたい十分悩み決断している、考えに考えた末の決断、
気持ちが揺らぐことわありませんでした。

 

看護師 辞めたいしかし、一瞬、情に負け、戻ることを考えたことは確かです。

 

看護師 辞めたいしかし、すぐにこう思いました。

 

「どうせ戻っても同じことの繰り返しになる。」と。

 

看護師 辞めたい本心は引き止めてもらえたことは少しだけ嬉しかったです。

 

看護師 辞めたいこんな私でもと正直思いました。

 

看護師 辞めたいしかし、もう気持ちはこれから出会うだろう職場の方に傾いていました。

 

看護師 辞めたいこの職場で頑張れたのだから私は、もうどんなところでも大丈夫。

 

看護師 辞めたいなぜだかそんな、根拠のない自信みたいなものがあるのは良いことだと思いました。

 

看護師 辞めたい次のステージ、次は人間関係に早く慣れるように努力しよう、
飲み会にも積極的に参加してみよう。

 

看護師 辞めたい私からも誘ってみよう。

 

看護師 辞めたいドクターと素敵な出会いがないとは言えない。

 

看護師 辞めたい次の職場から私の本当の幸せが始まる。

 

看護師 辞めたいそんな空想を一日中、溜まりに溜まった疲労を癒しながら、
幸せを感じていました。

 

看護師 辞めたい苦しい状況、辛い瞬間、泣きたいのを我慢していた自分、
言いたいことを我慢してばかりの自分。

 

看護師 辞めたい次は看護師になって良かった。

 

看護師 辞めたいこの職場に務めるために私は看護師になったなんて思えたらいいな…。

 

看護師 辞めたいそう思いながら、希望を胸に、あちこち探したのを覚えています。

 

看護師 辞めたい面接で会う人会う人みんな、前の職場より話しやすく感じたのも良かったと思います。